直に観る浮世絵版画は美しい!

10月16日(金)から始まった「手に取って観る浮世絵」展。
広重(安藤は本名、最近は号として統一した歌川広重とされていることが多い)の最初の保永堂版「東海道五十三次」と、喜多川歌麿の美人画撰は、長い間しまい込まれて紙にシミを作るだけで人に愛されることなくきたこの復刻版シリーズを、多くの人に見ていただきたく、思い切って額装無しで展示し、間近に版画の色面の美しさを鑑賞してもらえるようにしました。

広重の「東海道五十三次」は最初のヒット作であり、この後三十種を超える東海道ものの中でも秀逸と評価されているものの復刻版画です。
大胆な遠近法を使った構図に木版画の特性を生かしたぼかし技法や濃淡をつけることでの空気遠近法も加え奥行きのある画面構成。そこに各地の生活や旅する人々の様子が生き生きと描かれ、さらに加えて、雨や風、雪などの自然現象も余すところなく表現されていて、広重の他のシリーズと比べても躍動感や臨場感にあふれたシリーズだと思います。

歌麿の美人画は明快な構図と簡潔で美しい色彩に酔いしれていただけます。白い肌を浮き立たせるべく、輪郭線を省いてバックの色だけで顔を浮き立たせたり、空刷りという技法で鼻や胸、煙草の煙など凹凸だけで表現したものや、華やかな雲母摺という表面にキラキラ光沢を乗せた画面などは直に版面を観ていただいて初めて分かるものだと思います。
歌麿の美人はどれも理想化された同じ顔のように見えますが、その仕草や表情に彼女たちの内面性を表現しようとした歌麿の才能が感じられます。

妙なる箱展はただただ楽しい!

妙なる箱展は各々が何を持って「妙」とするかその捉え方が面白い。「妙」という様々な意味を持つ言葉がお題となったことで、総勢39名のバラエティーに富んだ表現が生み出されました。大作中心で発表されてきた方は如何に小さい中で、自分の表現を出すか悩まれたり、箱の大きさがハードルを低くした事で、生れて初めて人前に発表した方も在り、実に楽しめる展覧会となりました。

込み入った作業があったり、箱からかなり飛び出しているものがあったり、工芸作品、立体作品、箱全面に描いた作品、写真、詩、現代アート等々

画像では十分お伝え出来ません。是非実物をご覧ください。1周年記念の箱もお渡しします。とお誘いしたいのですが、何と台風が接近してきています。

暴風警報が京都府に出された場合は臨時休廊します。

祇園祭の山鉾巡行を見がてら、画廊に寄ろうと思って下さっている方は、ご連絡下さい。妙なる箱展をご覧いただけるように致しますが、くれぐれも気をつけてお越しください。

郡山ヒロアキ展―新しい命の始まりー

山の中で腐敗し朽ちて土に帰ろうとしていた木の残骸と言うべき物を持ち帰り、苔むしたところ、腐りきったところ、害虫に蝕まれていたところを剥がして、磨いていくうちに、まだ木として生き残っていた場所にたどり着く。どんどん進めていくと、輝かしい命が表面に出現する。それを見つけた時、鉱脈を発見したような喜びがあるという。

「発掘」と本人はその作業をとらえて言う。

磨いて出てきた姿は元あった形の根幹を宿しながら、作家の手を経た形で新しい生を得る。

作家は自分が産み落とした形を見て、「変やろ」「面白いなあ」と言いながら、展示していく。展示空間で最終の形を決められ、新しい命としてお披露目される。

「えー!これ○○に見える!」「いや△△にも見えるで!」「うわーホンマ!ホンマ!」と実に気楽に楽しい。

もがきながら生み出された形に作者が喜びを感じながら制作しているのが伝わってくる。郡山ヒロアキ_016

作者と語る楽しみ

20150411__0498 - コピー

美術館で鑑賞することと違って、ギャラリーで鑑賞する楽しみは、直に作者と語り合える機会があるという事です。

必ずしもお目当ての作家が居るとは限りませんが、うまく会えた時は是非話かけてみてください。一見近づきにくそうでも勇気を出して語りかけてみると、以外に気さくな方が多いと感じます。

作品の内容以外を超えてテクニックや、生活などについても惜しげなく語ってくださる方も沢山おられます。

今回の展示の松岡美子さんも、様々な質問に快く誠実に答えておられ、横で見ていてもお互いが非常に楽しそうです。松岡さんも様々な方の感想が自分の次の制作に繋がると歓迎されています。

松岡さんの作品はすべてキャンバスに油絵具で描かれています。表面は油画独特の光沢で滑らかでスマートですが、奥に深いマチエールが潜みます。そこに石に刻まれたように見える線は制作の中で偶然現れるのでは無く、最初にイメージを持って挑み、画面の中でこれだ!というイメージと合致した空間や線に出会えた時に最高の快感が得られるとのお話で、本当に幸せそうな表情を見せられます。そういった表現する喜びも感じ取ることが出来るのが作家との直接の語らいの楽しみです。

そして、作品への興味や理解が深まることは間違いありません。

 

ちなみに今回スペース妙での、作家在廊日は

4月10日(金)、11日(土)、12日(日)、14日(火)、18日(土)、19日(日)、22日(水)の予定です。

杉浦美佐緒独展は外光の変化を楽しめる

IMG_9838秋晴れの日が続き、ギャラリーの二つの窓からは明るい陽が差し込みます。作品の立体形体や構成要素のネットなど刻々と光の変化で空間が違って見えます。中でも小品のステンドグラスの立体作品を陽の当たる場所へ置くと素晴らしい光の魔術を生みました。奥のガラスに光が強く当たり手前のガラスと不思議な対比を見せたり、立体の中に光がもぐりこみ、上部が燃えるように膨らんだり、下部のブルーやグリーンの際立つ輝きがガラス台へと光を導いたり、光線の回り込みを追いかけ、作品を移動させて一日楽しんでいます。このライブ感はどう伝えれ良いのか、この状況がその場に居た者の記憶の中以外にどのように残せば良いのか?写真でもその光方や臨場感は表現しきれません。

ステンドグラスをランプにはしたくなかったという杉浦氏はこの外光でのステンドグラスの光の変化に感動し、晴天以外でもこの状況を作り出せたらと考えておられます。また新しい展開が図られるかもしれません。お知恵をお貸し下さる方は是非宜しくお願いします。

 

チーム杉浦なるもの

杉浦さんのインスタレーションは野外であったり、美術館や比較的大きな展示空間で発表することが多い。切り分けた球体やネットや布や変形キャンバス等、構成要素を組み上げて作り上げられている。その表現を支えているのが『チーム杉浦』で、メンバーは杉浦先生の過去の教え子達。年齢もバラバラで、その時に集まれるメンバーで構成されるそうです。

その時々の集まったメンバーは杉浦先生のエスキースを基に、作品の意図を理解し、それぞれが試行錯誤し、お互いの意思疎通を図りながら組み上げて作品にしていく。

サッカーのチームジャパンが招集されたメンバーでゲームを造るイメージだろうか?いや彼らは監督の考えていることを実行できるよう、短期間でありながらも、練習を重ねる。

『チーム杉浦』は搬入現場でいきなりゲームに入るわけだから、杉浦先生は「いつも時間がかかって迷惑をかけるんです」というが、当然だろう!

杉浦さんの作品は彼女の頭の中で構成されたものではあるが、組み上げる過程できっとそれぞれのメンバーの解釈や思いが加わり魅力を増して現れるのだろうと思う。

今回は小さなギャラリーにそのインスタレーションが納まるかどうかわからないが、何より『チーム杉浦』の搬入時の活躍を見るのを楽しみにしています。

写真やビデオなどで記録出来たら、展覧会でも見て頂けるかもしれないのでお楽しみに!

五山の送り火はすべて点火されました

昨日から断続的に豪雨と雷が続き、土砂災害警戒情報が出ている中、危険を顧みず、山に上がっていただき、五山すべてが点火されました。無事仏さんを送ることが出来ました。まさに奇跡的です!

これで「space妙」も勇気づけられた気がしました。

オープニング1の「高田光治展」では、注意を払わずにきた足元に目をやる事に気づき、次回展の「杉浦美佐緒展」では縮こまっていてはいけないと勇気づけられる事でしょう!

近隣の方もたくさん来て下さった初回展でしたので、是非、続いてspaceを活用していただいて、ギャラリーを松ヶ崎に根付かせ       ていただけるよう、ご利用お待ちしています。

 

送り火の「妙・法」は点火出来るでしょうか

高田光治展は記帳していただいた数で260名にのぼり、お陰さまで大盛況の船出となりました。

今は次回展の 杉浦美佐緒独展までの間休廊しております。

そもそもレンタルスペースを目指しているため、活用していただく方がなければ成り立ちません。 様々な方が枠にはまらない形でトライ出来る設定で、思い切ってご自身の持つ何かを発表して見てほしいとの思いで始めたギャラリーです。アートの枠に捕らわれず、研究発表や、自分のコレクション展などや、映像での記録でも、取り合えずご相談して見て下さい。

今日は「送り火」の日です。あいにくの雨で「妙」に点火出来るかどうか心配しています。こちらの「妙」は点火は出来ましたが、燃え続けられるでしょうか? 皆さんのご利用お待ちしています。

高田光治個展 4日目で来場者100名超える!

来場された方は、それぞれが会場いっぱいの作品1点ずつに入り込み想像を膨らませ、高田氏の説明に驚かれお一人お一人がゆっくり時間を過ごされています。案内状で知られた方、新聞で知られた方、ART OSAKAで興味をもたれ、さらにゆっくり見たいと来られた方、また噂を聞いて興味をもたれて寄ってくださった近くの工芸繊維大学の方など、みなさん笑顔で帰られるのを嬉しく思います。

夏休みに入られたお子さんも是非のぞきに来てください!

 

高田光治研究室

先日、大阪芸大の高田光治先生の研究室に伺いました。美術学部の教授の部屋が、まるで生物研究室。

展覧会準備のキノコの作品がうずたかく積まれ、整頓された棚には絵具に代わり、様々な種子類が分別され瓶に詰めて並べられていたり、虫が貼り付けられた作品があったり・・・

虫から始めて種子になり、そしてキノコや粘菌へ、それらが高田先生の表現の素材なのです。

行動美術協会の会員として油絵を描いておられるが、裏の面(どちらが表?)では生物学者といっても良いほどの執着を見せる。

「粘菌を採取するのは大変です。地面にシーツを敷いて腹這いになって、2時間くらいかけて周囲の地面を探し廻るんです。」と。

「粘菌のオスとメスが出逢って生長が始まるんです。」ええ~っ!粘菌って動物だったんですか?(動物という分類ではなく、アメーバー的なもの)

驚きの連続です。

少年の心で森の中の生物に触発され、徹底的に収集し調べ・・・その生物の内側に心を向け、高田光治の世界を造り上げる。少年と学者とアーティストが三位一体となって作り上げられた作品達は、それら一つ一つに目を凝らした瞬間に、誰もがポエムを書きだす事でしょう!本当に興奮しっぱなしでした。

このワクワク感を早く皆さんに見てほしい!そんな思いに満たされて帰途につきました。