展覧会案内

2018「視覚反応実験展」
テーマに反応して偶然妙の空間で出会った作品たちが、
化学反応ならぬ、どんな視覚反応を起こすか実験的企画

第3回 GREEN
2018.5/25(金)~5/30(水)
12:00~18:00

出品者 木村ぼう 下秋正雄 田中恒子 山出尺子

今回展では来場者の皆様にご協力いただき「ガラスの森」という作品を作ろうと思います。
お家にある緑の瓶のラベルをはがしてお持ちください。

谷野明夫陶筥展
2018.6/8(金)〜6/13(水) 
11:00~19:00 最終日は17:00まで


陶筥展に寄せて
信楽での作陶も40年となりました。
ボールペンで書いたような硬質な線の堆細線技法は撥水液との偶然な出会いから生まれ、色々と変化しながら今は作品づくりに無くてはならないものになっています。幾何学紋や文様化された草花を連ねることで生まれる律動(リズム)や表情等による装飾とシンプルで緊張感のある造形との新たな関係性をテーマに作品づくりをしています。これからはさらに発想力を高め少し粋で美しい作品に昇華させていければと思っています。
このところ、個展や公募展に向かっての作品制作を陶筥から始めるのが自身のルーティーンになっています。
一面一面土を貼り合わせ、ゆっくりと仕上げていく時間が心と体の準備となっているように感じます。
今一番面白く、創る機会も多い陶筥の色々を今回のspace妙での初個展にしました。是非、ご高覧賜りますようお願い申し上げます。                             谷野明夫

略歴
1949年  京都市に生まれる
1977年  京都市立芸術大学美術学部専攻科陶芸終了
1978年  信楽に陶房をつくる
1998年  平和堂財団芸術奨励賞受賞
1999年  日本伝統工芸近畿展 滋賀県教育委員会教育長賞
2005年  滋賀県文化賞奨励賞
2012年  甲賀市無形文化財保持者認定
2016年  秀明文化賞・伝統工芸陶芸部会展 日本工芸会賞
現在    日本工芸会正会員・信楽陶芸作家協会理事
      京都工芸繊維大学非常勤講師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です