展覧会案内

 2017年は初めて工芸作品の展覧会も催すことが出来たり、新しい若い作家にも出会いがありました。
また、ご来場頂いた皆様とも繋がりが出来て、実り多い一年となりました。どうも有難うございました。
12月は休廊させて頂きます。

新年は1月26日~ギャラリー企画から始めます。どうぞ宜しくお願いいたします。                              

2018「視覚反応実験展」
テーマに反応して偶然妙の空間で出会った作品たちが、
化学反応ならぬ、どんな視覚反応を起こすか実験的企画


2018年 1月26日(金)~1月31()
12:00~18:00

出品作家
木 村 ぼ う  下 秋 正 雄  田 中 恒 子

磨 野 郁 子  悠 アンヌ

今後もテーマを設け、奇数月に行います。こぞってご参加下さい。
詳細はギャラリーまでお問合せ下さい。

展覧会案内」への1件のフィードバック

  1. 「悠アンヌ個展」観てきました。
      会場:松ヶ崎の「Space妙」

    悠アンヌさんの、煌びやかで夢いっぱいの作品を見せてもらいました。

    エネルギーにあふれファンタジックでありシュールチックな佳作ばかりでした。

    絵では、左に女性らしき顔があり画面の2/3に目的に向かう小さな「思い」の群れが宇宙の1点に収れんするよう。
    やわらかく深い感性と色彩表現にみとれました。

    またその真向いの絵では、中央下部に女王のような存在感を持ったハチらしき昆虫の、翅には透きとおる
    ステンドグラスの鮮やかさと、透明な色の響きの波が広がっていました。

    その他の、オブジェ群の作品群では、日々の生活の中で捨て去られているフェルトペンのキャップや納豆の入れ物などが
    精細かつ緻密な努力で積重ねられ高いエネルギーを発散する光景にも敬服しました。

    無数の平あたま押しピンの針が平凡な日常に生きることの大切さを鋭く、しかし愛を持って刺してきます。

    悠アンヌさん、これからも新しい地平と宇宙を目指す3次元に自分を解放して、暮らしを歩む人々に
    喜びと楽しさを与える作品を生み出してくださること願っています。

    2017年11月28日  WEB:「詩苑」主人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です