直に観る浮世絵版画は美しい!

10月16日(金)から始まった「手に取って観る浮世絵」展。
広重(安藤は本名、最近は号として統一した歌川広重とされていることが多い)の最初の保永堂版「東海道五十三次」と、喜多川歌麿の美人画撰は、長い間しまい込まれて紙にシミを作るだけで人に愛されることなくきたこの復刻版シリーズを、多くの人に見ていただきたく、思い切って額装無しで展示し、間近に版画の色面の美しさを鑑賞してもらえるようにしました。

広重の「東海道五十三次」は最初のヒット作であり、この後三十種を超える東海道ものの中でも秀逸と評価されているものの復刻版画です。
大胆な遠近法を使った構図に木版画の特性を生かしたぼかし技法や濃淡をつけることでの空気遠近法も加え奥行きのある画面構成。そこに各地の生活や旅する人々の様子が生き生きと描かれ、さらに加えて、雨や風、雪などの自然現象も余すところなく表現されていて、広重の他のシリーズと比べても躍動感や臨場感にあふれたシリーズだと思います。

歌麿の美人画は明快な構図と簡潔で美しい色彩に酔いしれていただけます。白い肌を浮き立たせるべく、輪郭線を省いてバックの色だけで顔を浮き立たせたり、空刷りという技法で鼻や胸、煙草の煙など凹凸だけで表現したものや、華やかな雲母摺という表面にキラキラ光沢を乗せた画面などは直に版面を観ていただいて初めて分かるものだと思います。
歌麿の美人はどれも理想化された同じ顔のように見えますが、その仕草や表情に彼女たちの内面性を表現しようとした歌麿の才能が感じられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です