妙なる箱展はただただ楽しい!

妙なる箱展は各々が何を持って「妙」とするかその捉え方が面白い。「妙」という様々な意味を持つ言葉がお題となったことで、総勢39名のバラエティーに富んだ表現が生み出されました。大作中心で発表されてきた方は如何に小さい中で、自分の表現を出すか悩まれたり、箱の大きさがハードルを低くした事で、生れて初めて人前に発表した方も在り、実に楽しめる展覧会となりました。

込み入った作業があったり、箱からかなり飛び出しているものがあったり、工芸作品、立体作品、箱全面に描いた作品、写真、詩、現代アート等々

画像では十分お伝え出来ません。是非実物をご覧ください。1周年記念の箱もお渡しします。とお誘いしたいのですが、何と台風が接近してきています。

暴風警報が京都府に出された場合は臨時休廊します。

祇園祭の山鉾巡行を見がてら、画廊に寄ろうと思って下さっている方は、ご連絡下さい。妙なる箱展をご覧いただけるように致しますが、くれぐれも気をつけてお越しください。